スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比較明合成のご紹介

13.09.21 光流れる車窓 柴島~天神橋筋六丁目 70-300f4-5.6L 比較明合成
2013年9月21日 阪急千里線-柴島~天神橋筋六丁目

最近知った手法のひとつが、比較明合成です。
比較明合成とは、2枚の画像を比較し、1枚目より明るいところが2枚目にあれば、
その部分だけを2枚目に置き換えるという、合成の一種です。

上画像の窓は、千里線の電車を流し撮りしたもので、
たくさん写っている光の線は、天六の景を遅いシャッタースピードで
カメラを振りながら撮影したものです。
今回の合成では、基本の画像1枚に、光の線が映った画像を12枚合成しました。
最近のカメラではカメラ内で処理できるものがあるようですが、
私のカメラにはその手の機能がないので、CanonのDPPを使いました。

フィルムカメラには多重露光機能がありますが、それは1枚目を感光させたあと、
その上からそのまま2枚目を感光させるもので、単純な足し算です。
その点から、比較明合成はデジタルが生み出した新しい写真の世界と言えますね。
「合成」というと、なんだか反則のようなイメージがありましたが、
今は、「狙ってやったらOK」だと思っています。
撮影した画像から人やモノを消すのには、まだ抵抗がありますが...。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

湖西人Σ

Author:湖西人Σ
気軽にコメントしてもらえたら、
すごくうれしいですo(^ω^)o


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。