スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン

12.10.25 駅もハロウィン
2012念10月25日 東海道本線-膳所駅

ハロウィンですね。
だからといって特に何もありませんがw
スポンサーサイト

逆光

12.10.26 夕暮れ
2012年10月26日 東海道本線-山崎駅

逆光というと、写真においてはダメなイメージがあるように思います。
逆光で写真を撮ると、被写体は黒くつぶれたり、もやがかかって画像が鮮明でなかったりと、
きれいな写真を得にくいのは事実です。

でも、逆光も撮り方次第で印象的に仕上げられると思います。
今回のように、アンダーでとってホワイトバランスを曇りにしてもいいと思いますが、
シルエットもいいですよねb

吹田のあとは

トワガニシテン12/10/27
2012年10月27日 東海道本線-島本駅

トワガニの試運転と、

583秋田車12/10/27
2012年10月27日 東海道本線-京都駅

583秋田車の復路。
こっちは、3時間半待った甲斐がありました。
案の定大勢の人がかけつけて、ホームはごった返してましたw

吹田総合車両所公開

145+381 12/10/27
2012年10月27日 吹田工場 (以下同)

583 12/10/27

今年もやってきた、吹田工場公開。
撮影会場には、145、287、583、モーターカー。
おととしほどではありませんが、去年よりはよかったです。
→おととしの様子おととし

あと、うれしかったのは583に始終電源が入っていたこと。
やっぱりライトがついてると生きてるって感じがしますもんね。
583は地味に側面幕を回してくれていました。シュプールとか、東北夏祭りとか、雷鳥とか。
前面幕はずっときたぐにのままでしたがw


最期の晴れ舞台12/10/27

車体吊り上げはなんと先日廃回されたオカB01の先頭車。
去年もおととしも183でしたので、今年もてっきり特急型かと...
彼にとっては、これが最期の舞台ですね。

特大貨物

特大貨物12/10/27
2012年10月25日 東海道本線-山科

実は、積車の特大は今回が初めて。
日の出が遅くなり、露出が心配だったけど、なんとか撮れました。

修学旅行臨回送

日本海もどき12/10/27
2012年10月27日 湖西線-近江中庄マキノ

この秋は日本海・きたぐに共に設定がなかった。
だから、秋は撮れないとあきらめてた。

そうじゃなかった。

久しぶりに、湖西の秋を寝台列車が駆け抜ける。
ローズピンクの機関車に、青い客車の列...
懐かしい、日本海の雄姿がかさなる。

クモヤ443

443 12/10/26
2012年10月26日 東海道本線-瀬田~石山 (以下同)

今日は、早朝にクモヤが走るということで、手近な瀬田川へ。


443シルエット12/10/26

上りはシルエット流しで
許容範囲かな?


秋色クモヤ12/10/26

下りは色づき始めた木の葉を絡めて。
いまさらですが、クモヤ443って、秋色ですね。

583系天理臨

583秋田車京都入線12/10/25
2012年10月25日 東海道本線-京都 (以下同)

10月24日から25日にかけて、583系秋田車による天理臨が運転されました。
秋田車が来るのは7月末以来でしょうか?
583は西にもいますが、塗装があれなので、やっぱり秋田車に来てほしいですねw
京都駅だとわかるように広角ぎみで、でも583が映えるように流し撮りで。
空の色が怪しげですが、まぁ、寝台の感じは出たでしょうか。


583秋田車12/10/25

8番線から編成撮り。


Tnc583 12/10/25

クハネ583-17の車体表記・・・
まだ仙センなんですねw

大津線100周年

大津線100周年12/10/20
2012年10月20日 京阪石山坂本線-浜大津三井寺

大津線、100周年です。
今更であったりしますがw

103系3種

ネタがなくなってきたので、ここら辺で103系の写真を。

103快速12/03/01
2012年3月1日 阪和線-浅香

ブルーの103系は、阪和線山陽本線支線(和田岬線)で活躍中。
これは、今年三月で廃止になった、阪和線103系快速。
これで、残る103系の快速は阪和線関西本線の区間快速のみとなった。


103オレンジ12/10/21
2012年10月21日 大阪環状線-今宮

続いて、オレンジの103系。こちらは、おなじみ大阪環状線
321系の投入によって東海道線から追い出された201系によって多数の103系が環状線を追われ、
現在環状線に残るのは8連7本のみ。
だが、程度のよい更新車がそろっており、設備は良好。


103鶯12/10/21
2012年10月21日 関西本線-今宮

最後は、ウグイスの103系。
ウグイスは、関西本線大和路線)と奈良線で活躍中。
こちらも、オレンジと同様201系に置き換えられ、大和路線に残るのは6連3本のみ。
ただし、奈良線用に4連13本が配属されているので、少数派とはいえない。
奈良電車区の103系は、201系と引き換えに更新車をすべて放出してしまったので、
残っているのはボロばかり...。

祝「小便小僧」還暦!

小便小僧12/10/07
2012年10月7日 山手線-浜松町

ちょっと前の話題になるが、10月14日にJR浜松町駅の小便小僧還暦を迎えた。
この像はボランティア団体の手によって毎月衣装が変えられており、
浜松町駅のシンボルのような存在として長年親しまれてきた。

管理人は、特に親しみがあるというわけじゃないんですけど、
ちゃんちゃんこを着せられた小便小僧は、やたら貫禄があったので、
東海道線の電車と絡めてみました。(浜松町には止まりませんがw)

サロンカーなにわ団臨

サロンカーなにわ12/10/21
2012年10月21日 東海道本線-新大阪~大阪

最近のJR西日本は臨時が少ない。
東日本では毎週のように集約臨や臨回が走るのに。
でも、珍しいものは時々あるからその貴重性が増すもの。
今日も、サロンカーなにわフル編成を順光でとらえようと、
上淀川橋梁にはおよそ300人が集結。

私もその中に混ぜてもらって1時間半。
定刻になり、これでもかというくらいの光線のなか、それはやってきた。

特急の象徴12/10/19
2012年10月19日 山陰本線-京都駅
は光が少ない。
ゆえに、光をとらえる写真撮影において、は好ましくない
とはいえない。
は光が少ないがゆえに、昼間は太陽光に隠れて見えないものが見えたり、
少ない光を利用して、効果的に被写体を捕らえることができる。

287系の登場で活躍の場が少なくなりつつある山陰の183系
の長時間停車に注目し、撮影を行った。
ぶっちゃけ、381でもいいけれど、特急の象徴、ツバメのエンブレム。


併走12/10/19
2012年10月19日 東海道本線-京都駅
湖西線からの回送列車と、東海道線の新快速。
一瞬の邂逅。

夜の停車駅12/10/19
2012年10月19日 湖西線-唐崎駅
の停車駅。
テールライトが鮮やかに映える。

小雨のローカル線

しっとり久留里線2 12/10/07
2012年10月7日 久留里線-平山~上総松丘

小雨の中やってきた国鉄色キハ。
せっかくの雰囲気の中、編成写真を撮るのはもったいない...
ということで、草の生えた軌道と標識を入れて、しっとり仕上げてみました。

キハE130-100の試運転が始まったそうです。
終焉が近づいてきましたね。

雨上がりの彼岸花

雨上がりの彼岸花12/10/07
2012年10月7日 久留里線-俵田久留里

雨上がり久留里線
のどかな景色の中に秋を見つけて、地面にはいつくばって列車を待つ。

やがてやってきた3両編成のディーゼルカー。
水滴にぬれる彼岸花が見送る、彼らは余命2ヶ月。

ジオラマ京都JAPAN

滑り込み12/10/13
2012年10月13日 ジオラマ京都JAPANにて(以下同)

嵯峨野線嵯峨嵐山駅前にあるジオラマ京都JAPAN
日本最大級のジオラマを、HOゲージ鉄道模型が駆け抜ける。
今では少なくなった113系湘南色も、最盛期を彷彿させるかのような走りを見せる。


将来の機関士たちへ12/10/13

この施設の目玉は、EF66の廃車体を使用した模型運転体験。
実物の運転台に乗車して、EF66の牽引する寝台列車を運転できる。
ヘッドマークは時々交換され、子供用の制服や制帽が用意されている。

梅小路蒸気機関車館40周年

復活12/10/13
2012年10月13日 以下同

京都駅から大阪方面の列車に乗ると、ほどなく右手に建物が現れる。
半円形の構造体に、放射状に敷かれた線路、そして、いくつもの黒光りする巨体...。
日本初の蒸気機関車動態保存施設である梅小路蒸気機関車間は、10月10日に開館40周年を迎えた。

40周年にあわせて3年半ぶりに火が入ったC62-2号機は、今日も「スチーム号」の牽引を勤める。
生きた蒸機に衆目も釘付け。


シロクニの象徴12/10/13

除煙板に掲げたスワローエンゼルが、かつての栄光を物語る。


世話3 12/10/13

蒸気機関車の運転といえば、機関助士が必死に石炭をくべる姿を連想するが、
生き物に形容される蒸機は食べ物を与えるだけではうまく走ってくれない。
走った後の釜の掃除も大切な仕事。
釜に残った灰を掃除して、明日に備える。

敦賀運転センター車両管理室

敦賀1 12/10/14
2012年10月14日 敦賀運転センター車両管理室

鉄道の日の今日、敦賀で車庫見学がありました。
目玉は右側の475国鉄色。しかも、「くずりゅう」のHMつきb
ほかには、左側の681系、125系、521系、EF81(ローピン&トワイ)、DE15などが展示されました。
抽選でしたが、681系の運転台見学も行われました。参加しませんでしたがw
会場は思ったより狭く、車庫の片隅に詰め込んで開催された感じ。もう少し見せてくれたらいいのに。

ラッセル 12/10/14

でも、わざわざ475国鉄色を敦賀まで持ってきてくれたり、ピッカピカのDE15を間近で見せてくれたり、
なかなか濃い内容だったと思います。
特にほら、ラッセルヘッドの連結部(↑)なんて、なかなか観察できませんからね。


興味津々12/10/14

社会見学でしょうか、小浜の小学校からたくさんの小学生(とテレビカメラ)が来ていました。
興味津々・・・ではなく、実際はほぼ素通りでしたがw


眼だくさん12/10/14

DE15はラッセル車。雪を掻き分ければ当然視界は真っ白になります。
それでも前が見たい!!
ということで、彼はたくさんの眼を手に入れましたとさ。


あこがれ12/10/14

子供の頃、鉄道好きなら惹かれたであろう、機関車の運転席。
とっくにそんな年齢ではなくなったが、それは眩しく飛び込んできた。

寝台特急「あけぼの」

あけぼの推進入線12/10/06
2012年10月6日 上野

20時45分。
尾久車両センターから「あけぼの」号の推進回送が到着する。
乗車する人、見物に来た人で、普段は閑散としているホームがにぎわう。


あけぼのテール12/10/06
同上

かつてはたくさんの夜行列車がここから旅立っていった。
今、このホームから明日に向かう列車は「北斗星」「カシオペア」「あけぼの」のみ。
白帯の似合う青い車体とテールマークが、旅情をそそる。


あけぼの顔流し12/10/08
2012年10月8日 東北本線-西川口~蕨

あけぼの」号の牽引機は、上野~長岡がEF64-1000、長岡~青森がEF81。
早朝に青森から帰ってきた「あけぼの」のラストスパート。

北越

485北越12/09/22
2012年9月22日 北陸本線-西高岡高岡

485系
国鉄が製造した日本を代表する交直流特急型電車で、日本中を駆け巡ってきた。
特急列車の一時代を築いた、いわゆる「ヨンパー」は、
各地で廃車が進み、JR東日本とJR九州に230両ほどが残るのみとなった。
その中で、登場以来纏い続けてきた「国鉄色」を維持する編成は、数えるほどしかない。

そんな数少ない国鉄色485系が、北越の運用に入った。
6両とやや短いものの、朝日を浴びて疾走する姿に、往年の国鉄特急を垣間見た。

白い雲、白い列車

夏空413120922
2012年9月22日 北陸本線-東富山水橋

まだだ、まだ終わらんよ!!
夏の終わりを必死に否定するかのように
山にかぶさる雲を背に、今日も列車は走ります。
プロフィール

湖西人Σ

Author:湖西人Σ
気軽にコメントしてもらえたら、
すごくうれしいですo(^ω^)o


カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。